パーマリンクは最初に設定しておきましょう

WordPressを導入後、投稿などのページを公開する前に第一にすべきことはパーマリンク設定です。

なぜなら、後からパーマリンクの設定を変更すると、これまでに投稿していたWebページのURLが変更されてしまい、GoogleやYahooなどの検索エンジン、他の場所(Web、SNSなど)でURLが紹介されていたり、リンクされていたりすると全てアクセスできなくなってしまうからです。
内部SEOに優れているWordpressであってもパーマリンクを最適化していなければユーザビリティ面やSEO面で遅れをとることになります。パーマリンクは、必ず最初に設定しておきましょう。

今回はWordpressでパーマリンク設定をしてユーザーと検索エンジンにふさわしいページURLにする方法について解説していきます。

パーマリンクとは

パーマリンクとは、ブログの投稿や投稿一覧ページの半永久的なURL文字列のことです。インストールしたばかりのWordpressでは、投稿を作成すると自動で「?p=数字」がURL末尾に付きます。

http://timepatroller.com/未分類/?p=123

ドメイン以下の「未分類/?p=123」の部分がパーマリンクになります。
記事がそれぞれユニークになるように振り分けた住所のようなものです。

パーマリンクを変更する手順

パーマリンク構造である「http://トップレベルドメイン/カテゴリー名/投稿名(英数字)」を作成します。これが、おすすめです。

上のキャプチャにある「カスタム構造」のフォームに、以下のタグを挿入してみましょう。

/%category%/%postname%

「%category%」とは、その記事のカテゴリーを取得してくるタグで、「%postname%」は、その記事のタイトルを自動的にパーマリンクへ指定するタグです。

カテゴリーのスラッグを設定する

「%category%」タグを設定しただけでは、日本語名のカテゴリーはそのままURLになってしまいます。
カテゴリーのスラッグという値に英数字設定してあげると、カテゴリー名がURLになったときにスラッグを表示することができます。WordPress管理画面の「投稿」欄から「カテゴリー」を選択してみましょう。

この投稿項目から、カテゴリーの作成・編集ができます。
投稿のカテゴリーの編集か、新規に作成する際に「スラッグ」を英数字で設定しましょう。

スラッグを設定することで、パーマリンクで「%category%」を指定すると次のようになります。

http://timepatroller.com/wordpress/post-909
投稿名を入力する(任意)

上記のままでかまわないのですが、タイトルを自分の好みのものに変更する場合には、タイトル記述欄の直下から、任意のパーマリンクに変更することができます。

上の、「パーマリンク」項目の背景が黄色くなっている部分が編集可能な部分です。編集ボタンを押して任意の英数字に変更しましょう。

Google Search Consoleヘルプページ「シンプルなURL構造を維持する」に次のように言及されています。

サイトのURL構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URLを構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/AviationのようなURLであれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1のようなURL自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

スポンサーリンク