PS Auto Sitemapの設定方法と使い方

サイトマップとは

PS Auto Sitemap は WordPress サイトのページにサイトマップを出力してくれるプラグインです。サイトマップを設置することで、ブログの訪問者が迷うことなく記事を探すことができるので、必ず設置しておきましょう^^

サイトマップの設定方法

まず、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → PS Auto Sitemap をインストールして有効化します。

次に、ダッシュボード→設定→PS Auto Sitemapをクリックします。

Sitemap用固定ページを作る。[固定ページ]>[新規追加]をクリックします。

下の方にある『ご利用方法』の中のコードをコピーしておきます。

次に、固定ページ→新規追加でサイトマップを表示するページを作ります。

ここでは『目 次』というタイトルにします。

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

本文のテキストモードに先ほどコピーしておいたコードをペーストする。

必ず、テキストエディタの画面で、上記のコードを貼り付ける。

次に、IDを用意する。

http://timepatroller.com/wp-admin/post.php?post=70&action=edit

post=” 数 字 ”の次の部分が、IDです。

サイトマップを表示する記事の入力欄に、IDを入力し、変更を保存をクリックすれば、完了です。

WordPressにサイトマップページを作るメリット

サイトマップページはユーザビリティだけでなく、いわゆるSEO対策にも効果があります。

SEO対策とはGoogleやYahoo、bingなど検索エンジンで検索されたときに上位に表示されるようにするもの。

GoogleやYahooなどの検索順が上がるとそれだけでアクセスが増えます。

つまりPS Sitemapプラグインでサイトマップページを作るだけでアクセス増につながるというわけです。

サイトマップページが一つあるだけで内部リンクの循環が生まれ、検索エンジンが優秀なサイトとして評価されます。

そして、このPS Auto Sitemapプラグインは、記事を投稿すれば自動的にサイトマップにページが追加されるのです。

スポンサーリンク