網が絞られてきている

私が、天皇制を終わらせる、自動車産業を半分にするといっても、あまり反応がないということは、「そんなことはない(天皇制が終わるはずがない)」「そんなこと出来るはずがない」と思ってる方が多くいるようですね~wゲゲゲの鬼太郎のオープニング動画UPしておきましたが、妖怪は、この世に復活します。

それでは、今回は、網の目が絞られてきているということをお話しします。

何年か前から「 網が絞られてきている 」
という事をお話しして来ています。

それは3年前だったらまだ何とか通過できた関門が、2年前ではすでに通過できなくなり、今年の冬至ではそれが更に更に厳しい選別がされる予定です。
しかしそれはまたその方たちが自身で選択した結果であり、この宇宙( 地球 )はただそれを受け入れているだけということも出来ます。

世界が2012年までとその後では全く異なる有り様になっていることがまだ多くの方たちには理解できていないようです。
それまではどんなに「終末が来る」とか「悔い改めなければ地獄行」とか何とか色々言われていても「何ともならないじゃないか」と思っていた方が大勢いたことでしょう。
しかし今回ばかりはそうはいかないのです。

それが「 地球史上始まって以来の大改革( 大変革 )」ということなのです。
それをお伝えしているのが、聖職者でもなく、大司教でもなく、新興宗教の大先生でもなく、ただの古本屋のおやじだというわかりにくさがこれまでの「 見た目 」や「 社会性 」「 常識 」「 ヒエラルキー 」を重視する方たちには理解できないのでしょう( 理解したくないという事もあるようです )。

今はまだ地上に大きな変動が来る前です。
来てからでは遅いのですが、その変革が早く来るように今みわ( アンドロメダ )が日々命を削って奮闘しています。
ですからこれから急速に変化が色々出て来るようになるかもしれません。
それでも( 例え関門が狭くなっていたとしても )まだまだその人が本心から「 地球に残りたい 」「 生きたい 」と望めば、その可能性は最後の最後まで残されています( 困難にはなっていきますが )。

よく見ていて下さい。

イエスが生きていて彼を信奉した人々は、当時は少数の異端の人々でした。
そしてその時イエスを迫害した多くの人たちは、今大司教になったり、教会のお偉いさんになったり、夢遊病者のような信者の団体になっています。

宇宙全史は将来的にも大きな宗教団体になったりはしませんが、今ここで学び、地球に残れる人たちは、宇宙全史を学んだという事がいつか大いなる恩寵であったと気づくことでしょうし、20年後の世界の伝説となる渦中にあったのだと思い出すことでしょう。

これから私とみわは、少しずつみな様の前から消えて行くことになります。
( 直接のこうしたBBSにお答えする時間がなくなっていくかもしれません )
それはまだもう少し先のことになりますが、あと2年後には私は会社を一定の段階まで引き上げ、そこで離脱します。
そしてそこから私の本当の仕事が始まります。
その時どうなるかはどうも上の方たちにも未知数ということです。
何しろ遊撃手という存在がここまで顕現することはかつてなかったようですから、それが出てきて何をするのかという事は、誰にもわからないのです。
( 月読の大神も五井先生も「あなたの好きにしていいのよ」とおっしゃっていますが… )

別巻は多くの方たちの手に渡るにこしたことはないのですが、しかしそれもその人たちが決めることです。

あなたはあなたご自身のことを精いっぱい生きて下さい。
その生き様の周辺には、あなたのご家族もあるでしょうし、ごく近しい友人もおられるかもしれません。
その中に共感する方がおられればそれでいいですし、おられなければそれもまた良しなのです。

スポンサーリンク