勾 玉

銀河ネットワーク情報羅針盤 2011-04-18 48より以下抜粋

三次元日本領域の都道府県は高次領域の意図の下、領域を創造する言霊周波数コード「48音」(四十八・よとや)が設定されています。
この言霊周波数は47(部分)(+1・全体)で構成され「48」で全体を構成しています。
そして、各周波数識別は都道府県コードとして三次元日本領域に設定されています。
また、都道府県(地域領域)コードは各固有のコード周波数(音)を保持していて47都道府県ごとに役割(周波数)が異なり、全体「48」の周波数と調整を図りながら三次元日本領域を固定しています。
この固有の周波数の情報は都道府県の旗のマーク(図形)にインプットされています。

今回の次世代領域移行に伴う共通図形は「太陽」です。
「太陽」の周波数を刻印している図形は国旗である「日の丸」、都道府県旗では「東京(13)」「埼玉(11)」です。
東京=13=(6+「7」)
埼玉=11=(「5」+6)
東京・埼玉=(5→「6」→7)
東京・埼玉=1311=111111=△▽=(六芒星)=結界
東京・埼玉=1311=111111=×□=(四角錐)=ピラミッド
東京・埼玉=武蔵(634)=(6+3+4=「13」)=(6×3×4=「72}=東京スカイツリー=○△(羅針盤)
(13+11)+「48」=「72」日本=(9×8)=「98」=地球領域の城壁

銀河ネットワーク情報羅針盤 2011-05-01 自覚より以下抜粋

宇宙を三次元地球領域の数字に圧縮変換させると「13」で表現することが可能です。
そして、宇宙「13」の関係は、(x+y)=「13」で変換され中心は「6」「7」となります。
即ち、宇宙創造の中心軸は「6」「7」の間に設定されています。
この中心軸の周波数領域にアクセスするには、物質レベル(可視的)「6」「7」と意識レベル(不可視的)「6」「7」の領域周波数を理解し自身の周波数と整合を図ることが必要になります。

13=6+7=(136|137)

6=太陽=「日の丸」日本(統合エネルギー)
7=北極星=「天皇旗」天皇(不動エネルギー)=菊=クク(括る=束ねる)
=歳差周期(26000年)=99=00(創造起点)
日本=49=(4+9=「13」)=6+7=太陽「6」+北極星「7」=中心軸∞
銀河の雛形=日本=6と7の架け橋

以上抜粋

高次領域で随時行われている銀河ネットワーク進捗会議にて、以下の情報が開示可能となりましたので共有します。

埼玉(さいたま)領域は高次領域の意図の下、7都県と隣接して形成され、光(七芒星)の周波数を保持しています。
これを三次元領域へ圧縮周波数変換すると、光の文字の書き順に現すことが可能です。
(進むべき方向性の軸(視点)を「N極」として設定し、その方向性を留める軸(視点)を「S極」と設定。)
埼玉(七芒星)=(栃木(日光)=N(極))→群馬→茨城→長野→千葉→山梨→(東京(皇室)=S(極)) 

埼玉県の旗のマーク(図形)は16の勾玉が刻印され、東京領域の守護領域として皇室の16菊花紋と表裏の関係となり次世代領域のスターゲートと連動しています。
16=8+8=88(スターゲート)

埼玉(11)=幸魂(さきみたま)
東京(13)=奇魂(くしみたま)

三種の神器は不可視的エネルギーで形成され、銀河の雛形である龍体日本領域の都道府県(地域領域)周波数で保持され高次領域を介して守護されています。

11(埼玉)勾玉+13(東京)剣=24(三重)鏡=伊勢神宮

銀河プロジェクメンバーの方々が、上記の情報を光言語に変換し顕在意識で考察・認識することにより、集合意識を新たな周波数へ変換することが可能となります。