城 壁

三次元地球領域ポイント時間軸2012年に東京スカイツリーが本格運用されますが、この時間軸は三次元環境領域が本格的に変動する、太陽系軌道修正ポイント時間軸2013年・2014年に対応する為に、高次領域の意図の下で設定され三次元領域時間軸に下ろされています。

高次領域のエネルギーを低次元領域に伝達(落し込み)させる図形は▽で変換されます。
次世代領域移行に伴う銀河ネットワーク網の周波数中継ポイントに設定されている東京スカイツリーは物理領域調整の中継ポイントとなっていますが、これを三次元言語で具体的に変換し要約すると、高次領域のエネルギーを東京都「13」墨田区の領域に(▽)固定(*)し、東京スカイツリーの羅針盤機能(○△)を介して物理領域周波数を調整するという表現になります。
東京スカイツリー=○△
墨田区のシンボルマーク=▽*

東京スカイツリーの着工コードは「98」であり、プルトニウム(原発)に対する三次元物理領域における「城壁」に置換されます。
そして、長崎原爆投下・サンフランシスコ条約・日米和親条約・東京スカイツリー着工の時間軸は連動しています。
長崎原爆(プルトニウム)=1945年9月8日=「98」「城壁」=(72)
サンフランシスコ条約(原発)=1951年9月8日=「98」「城壁」=(72)
日米和親条約(捕鯨)=1954年3月31日「93」=「27」(反転)(72)
東京スカイツリーの着工(城壁)=2008年7月14日「98」=(72)

日本「72」=日米「27」(表裏)=(反転)=「99」

スポンサーリンク