今だからこそ、「宇宙戦艦ヤマト」なのである!(2)

そして、さらに!もう、一つ!!

ヤマトの次期船長である主人公の名前は、古代進である・・その兄は、古代守です。これは、これまで封印さ(守ら)れてきた日本古代史が解かれ、我々は、その日本古代史に進む(古代進)ということを意味します。

かごめの項でも、再三、申し上げていたはずです。

かごめの歌は、籠から龍(シリウス)が姿を現して、龍国である日本国の正体、日本民族のルーツが明らかになるのはいつ、という出だしの歌だったのですと。

これまで、封印されてきた、その日本古代史(日本民族のルーツ)が紐解かれるのが、”今”なのです。

ここで、もう一度確認しておく。

宇宙戦艦ヤマト = 日本列島
ヤマト乗組員  = 日本民族

ただし、もっと大きな視点で見れば、当然ながら、

宇宙戦艦ヤマト = 地球
ヤマト乗組員  = 地球人類  ということになる。

そして、世界の縮図としての日本が、これから重要な役割を果たすという意味である。

コスモクリーナー = クリーニングに目覚めた人
コスモクリーナー = 宇宙をクリーニングする人

クリーニングといえば、「掃除」である。

一人一人が、身魂の「掃除」をするという意味では、「ホ・オポノポノ」は「日月神示」にも通じるものがある。

ダメ押しで付け加えると、日本列島は「国常立大神の体」であり、「龍」である。その姿は上下逆転しており、龍の頭は九州を指す。
さしずめ、鹿児島の桜島が波動砲の発射口というところか。

今回、映画において、アニメと実写版の双方が公開されたということは、

「大人も子供も、双方に向けたメッセージ」ということである。

また、映画のキャッチコピーも、今の時代背景と日本の役割を見事に反映している。

「最後の希望・・・それは、SPACE BATTLE SHIP ヤマト!」
「人類最後の希望・・・ヤマト」

つまり・・・この言葉どおり、我々は”人類最後の希望”なのである。

「日本列島に住んでいる」ということは、既に生まれた時から「ヤマト乗組員」だということである。

そして、今だからこその、「宇宙戦艦ヤマト」(日本)の復活なのである。

そこには強烈なメッセージが込められている。

「ヤマト乗組員(日本)の諸君、時は来た。今こそ目覚めよ!!」と。

スポンサーリンク