餓鬼の魂 (2)

ひかる様

私があなたの夢に登場したのは(中途半端な言い方ですが)事実でもあり、そうでもないといったところでしょうか。

(強く)求める方がいて、そのときたまたま波動が合っていれば一応拝見しに行くということはしていますが、直接夢に出て対面するということはしていません。ご覧になった「私」はあなたが夢の中で作り上げた都合のいいイリュージョンの私ではありました…が、そばにいたことはいたのです。

〇「それを「宇宙全史」に照らし合わせると、私の魂は「プロメテウス」の出生のように思っているのです」
〇その通りでそちらの出身です。

〇「私はアセンションに向かうために、このように、老化衰退するはずの身体が、逆に、元気になっているのでしょうか」
〇まずあなたの(スサノオの…)先生は確かにスサノオ系ですが、スサノオ系というのはかなり攻撃的といいますか「奪う」という傾向性がメインの魂達です。
ご自分で仰っているように、あなたが元気になっているのは他の方からエネルギーを頂いているからです(つまり陰始バリバリ)。

〇「アセンションに向かっている、またはアセンションに向かっているように見えるのでしょうか」
〇どちらに向かっているのかはご自分で判断してみてください。
そしてご自分がどちらに行きたいか、その判断も今ご自分でやらなければならないのです。
あなたの場合は、なぜか今まだ猶予が与えられています。
つまり「今」があなたの正念場でもあるのです。
あなたの守護霊様からです

「今の思索(思考)をもっと突き詰めなさい」
守護霊様はどちらに行けとは仰いませんが「もっと疑え」とおっしゃいます。
何を疑うのでしょうか?

「色んな世間の情報や周囲の情報を鵜呑みにするのではなく、自分で選びなさい」
「もっと疑え」
「もっと疑え」

「宇宙全史も疑っていいし、今のスサノオ系の先生、今の自分の奥底にある思考(プロメテウス時代からあるもの)までも疑って一回リセットするくらいまで行く形が…一番私は求めているね」

何を基準に疑えばいいのでしょうか
「快か不快か」
「それが一番あなたたちの現状に即しているだろう」
がんばって下さい

ひかる 2015/1/7 No.2226

虚空蔵55様、お忙しい中、ご親切に、ご返信、お答えいただきまして、ありがとうございます。
感謝いたします。
最初は、何を言われても大丈夫だろうと思っていましたが、さすがは陰始だけあって、ご返信を読むと、ショックもひとしおで頭が八時間ほど、混乱していました。
なんとか世界平和の祈りで、平常心になりました。
新しい思考の扉が開かれたと思い、前向きに捉えます。
誤解が多々あり、スサノオ=仏陀=五井先生と思い込んでいたこと。
スサノオ=月読大神様と思い込んでいたこと。
違ったのですね。

夢については、虚空蔵55様は、素敵だなとか、一緒にいたら楽しいだろうなと常々、思っていたため、私自身が作り上げたものと思います。

疑うこと、自分の思考まで、リセットするまでやってみます。
ありがとうございます。
世界人類が平和でありますように。

※宇宙全史1 P153 プロメテウス(6番目)2億9000万年前 参照のこと