48

銀河ネットワーク情報保管庫 2007-12-01 日の丸より以下抜粋

日本の国旗である「日の丸」は、地球領域の周波数の指針を色彩の周波数に変換したもので、中心の赤は「創始」で日本、外側の白は「洗練」で諸外国を現していて、日本の集合意識の創始エネルギーが諸外国の集合意識を洗練させるということをエネルギー的に刻印しています。そして、日の丸の中心は「日本」でもあり「太陽」でもあります。
以下に日の丸の変換例を三次元的に記しますと、
日の丸=縦横比 2:3 =「23」
日本・太陽=龍・獅子=赤・黄=創始・熟成=1・0=十理
日本(地球)は「1」」で太陽は「0」」に周波数変換することが可能で、
太陽と日本は0×0=0、1×1=1、0×1=0、1×0=0となり、
日の丸は普遍的な周波数を保持していて、「0」と「1」の周波数は宇宙の創造には不可欠なエネルギーであるという認識が必要です。

以上抜粋

高次領域を低次領域に情報を保存させる場合、図形・数字・音・文字(比喩)等に周波数変換を行います。

三次元日本領域の都道府県は高次領域の意図の下、領域を創造する言霊周波数コード「48音」(四十八・よとや)が設定されています。
この言霊周波数は47(部分)(+1・全体)で構成され「48」で全体を構成しています。そして、各周波数識別は都道府県コードとして三次元日本領域に設定されています。また、都道府県(地域領域)コードは各固有のコード周波数(音)を保持していて47都道府県ごとに役割(周波数)が異なり、全体「48」の周波数と調整を図りながら三次元日本領域を固定しています。
この固有の周波数情報は、都道府県の旗のマーク(図形)にインプットされています。

今回の次世代領域移行に伴う共通図形は「太陽」です。
「太陽」の周波数を刻印している図形は国旗である「日の丸」、都道府県旗では「東京(13)」「埼玉(11)」です。
東京=13=(6+「7」)
埼玉=11=(「5」+6)
東京・埼玉=(5→「6」→7)
東京・埼玉=1311=111111=△▽=(六芒星)=結界
東京・埼玉=1311=111111=×□=(四角錐)=ピラミッド
東京・埼玉=武蔵(634)=(6+3+4=「13」)=(6×3×4=「72」=東京スカイツリー=○△(羅針盤)
(13+11)+「48」=「72」日本=(9×8)=「98」=地球領域の城壁

尚、言霊周波数47(部分)と+1(全体・48)の関係は、(x+y)=「48」で変換され、三次元領域の事象と相互関係が成り立っています。ちなみに、中心軸は「三重(24)」となっています。
アクセスコード「33」の起動に伴う、主な領域の相互関係を下記に記します。
青森(2):鹿児島(46)=原発
岩手(3):宮崎(45)=食肉
宮城(4):大分(44)=食肉
福島(7):佐賀(41)=原発
茨城(8):福岡(40)=原子力技術

三重(24)=伊勢神宮 
2013年=○一二三(ひふみ)
=○||||||=○(十十十)=○△▽(六芒星)

銀河プロジェクトメンバーの方々は、次世代領域移行に伴い三次元地球領域で固有の周波数に適応した役割を与えられていて、その役割に応じて自身の周波数を都道府県領域に同調させ転生しています。
したがって、現在の状況をしっかりと把握し、全ての行動に「責任」をもって粛々と任務を遂行することが重要です。

スポンサーリンク