ブロックチェーンについて

ビットコインのブロックチェーンの仕組み
ブロックチェーンはビッドコインなどの分散型暗号通貨を支えるコアの技術です。その名のとおり「取引の記録」をまとめた「ブロック」を「チェーン」のように順次追加していくことが名前の由来です。このブロックチェーンは「取引のすべてを記録した公開取引簿の作成・維持」を、低コストかつ金融機関や取引所といった中央集権的な機関を用いずにネットワーク上で実現するための極めて巧妙なアイデアです。
ブロックチェーンは、その構造上、従来の集中管理型のシステムに比べ、①「改ざんが極めて困難」②「実質ゼロ・ダウンタイム」なシステム③安価に構築可能という特性を持つといわれている。
ここで簡単に、ビットコインで用いられているブロックチェーンの仕組みを説明します。ブロックチェーンを構成するそれぞれの「ブロック」は、「そのブロックと一つ前のブロックに関する情報」を含む【ヘッダ】と、「ある時間内に行われたすべての取引のリスト」を記録した【トランザクション】という2つのパーツで構成されています。各ブロックの【トランザクション】には、ある時間内に行われたすべての取引が記録されます。そして【ヘッダ】には、3つの情報が記録されています。最初に直前のブロックの【ヘッダ】を圧縮した情報、ついで今回の取引リストを圧縮した【トランザクション】情報、そして最後に「ノンス」と呼ばれる「次のブロックを作るため」の情報、の3つです。
新たに生じる取引を記録するためには新たなブロックを作る必要があります。ビットコインでは新たなブロックを作るためには、ある特定の条件を満たす数値を見つけるための作業が必要とされます。そして、この「ノンス」を見つけるためには膨大な計算が要求されます。この「ノンス」を探し出す行為が金鉱を見つけ出す掘削作業に似ているため、「マイニング(採掘)」と呼ばれます。この「ノンス」を見つけて新たなブロックを作ってくれた人には、新しく発行されたビットコインが付与されることになっています。この計算パワーを投じたことを、不正が行われていないことの証明に利用する仕組みを「プルーフ・オブ・ワーク」と呼びます。ブロックチェーンには過去からのすべての取引記録が記録されています。そして各ブロックはヘッダに記録されている情報によってずっとつながっています。仮にビットコインを奪おうとして、取引記録を不正に書き換えたとしましょう。そのためにはある取引記録を書き換えるだけでは済みません。なざならブロックチェーンは過去のブロックの情報が記録されているので、あるブロックの情報を書き換えると以前のブロックの記録と矛盾が生じてしまいます。そのため1つの取引記録を書き換えるためには過去のすべてのブロックを書き換える必要が生じます。しかし、そのような書き換えを行うには、膨大な規模の計算パワーが必要となります。そしてそのような計算パワーを手に入れることは事実上不可能でしょう。しかもそのような膨大な計算パワーがあれば、それをマイニングに活用すれば、多くのビットコインを合法的に入手することが可能です。ビットコインを攻撃して不正な利益を狙うよりも、ビットコインに協力するほうが合理的な行動となるような仕組みが、ブロックチェーンには組み込まれているのです。
スポンサーリンク