ベーシックインカムとは

ベーシックインカムとは?

全ての人に、政府が無条件で一定の基本所得を保障するという制度です。日本でいえば、まず初期段階として月額8万円、4人家族なら32万円の支給が保障されるというシステム。

現在行われている、年金、生活保護、健康保険システム、それに関わる厚生労働省の機関は全て廃止となります。これだけでも、十分な財源が生み出されます。

財源について

今の段階においても、ベーシックインカムを実行するには十分実行することが出来ます。しかし、ベーシックインカムを導入するにあたって、我々は事前に全ての膿を出しておくことが望まれる。

第1に、現在500兆円ともいわれる企業の内部留保を日本の市場に全て、吐き出させること。

第2に、タックスヘイブン、パナマ文書に書かれている企業の海外脱税金の凍結。600兆円

第3に、アメリカ国債保有額 300兆円の売却

第4に、海外へのODAばら撒きの廃止(安部政権で30兆円)

第5に、労働分配率の制定。

第6に、企業の海外投資の制限

第7に、第四次産業革命として、工業・商業・農業のAI化・ロボット化(自動化)で、300%の生産性アップ

第8に、公共のインフラ(住宅・鉄道・バス)の無料化

第9に、消費税・所得税の廃止

第10に、政治家・公務員・教師などの大幅削減

年金、生活保護、健康保険、それに関わる厚生労働省の機関(これらに関わる公務員)は全て廃止・削減となります。

ベーシックインカムを導入した時の利点

少子化を一瞬で解決!

月額一人あたり8万円、4人家族で32万円ですから、今後、安心して子供を産み育てることが出来るようになります。今、問題になっている少子化は、一瞬で解決されるでしょう。

好きなことを仕事に!

ベーシックインカムが導入されると、初期段階で8万円程度の収入が保障されます。故に、今まで生活の為に仕事をしていたことから解放され、自分の好きな仕事に挑戦出来るのです。たとえ、失敗したとしても、収入は保障されるわけですから、何度でも挑戦をすることが出来ます。これまで企業が資金面で、失敗を恐れ挑戦出来なかった新たな分野への研究開発もこれで行えるようになるのです。

地方過疎化を解決!

どこにいても一定の収入が得られるため、場所を選ばずに住むことが出来るようになります。政府の政策で、住宅を無料化を実施するのでもっと住みやすくなります。現在かかえている地方過疎化の問題は、一瞬で解決です。

ブラック企業がなくなる。

ベーシックインカムによって、労働者は労働を選択できるようになり、苛酷な労働時間や賃金の未払いを行うブラック企業は、淘汰されていくと考えられています。
ブラック企業で働かなくても、支給されたお金で生活できるからです。

自殺者0へ!

ベーシックインカムを導入すると、全ての国民の生活が保障される為、これまで生活苦で自殺した者が0となります。現在抱えている自殺者問題は、これで一瞬で解決するでしょう。

結 論

行き過ぎた資本主義の結末は、弱肉強食の大格差社会に行きつきます。それが、現在です。自殺者は、年間3000人ともいわれています。日本は、国も社会も人間も将来に希望を見い出せなくなってきています。皆がそれなりに豊かに暮らしていける持続的な社会の創設が早急に望まれるのです。行き過ぎた資本主義の末、社会保障をズタズタにされてからでは間にあいません。その前にこのベーシックインカムを導入する必要があるのです。