iPhone8のディスプレイは実質5.15インチで解像度が大幅にアップか

Appleが先日公開した「HomePod」のファームウェアから、次期「iPhone8」に関するさまざまな情報が見つかっています。
今回また新たに、ディスプレイサイズは5.15インチ、解像度は2,436×1,125ピクセルであることが明らかになりました。

iOSデベロッパーのSteve Troughton-Smith(スティーブン・ソーントン-スミス)氏が今年12月発売予定のAppleのスマートスピーカー「HomePod」のファームウェアから、次期「iPhone8」に関する新たな情報を発見したとTwitterで報告していました。

Steve Troughton-Smith氏がファームウェアから見つけた情報によれば、次期「iPhone8」のディスプレイサイズは5.15インチで、解像度は2,436×1,125ピクセルとなるとのことです。

現行上位モデルの「iPhone7 Plus」のディスプレイサイズが5.5インチで解像度が1,920×1,080であることを考慮すると、解像度は大幅に向上していることがわかります。

KGI証券Ming-Chi Kuo氏の予測と一致

今回見つかったディスプレイサイズ5.15インチ、解像度2,436×1,125ピクセルという数値は、今年2月にKGI証券の著名アナリストでApple製品の情報に詳しいMing-Chi Kuo(ミンチー・クオ)氏が公開したレポートにあった予測と完全に一致しています。

Ming-Chi Kuo氏の情報では、ベゼルフリーの有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したプレミアムモデルは5.8インチ(2,800×1,242ピクセル)のディスプレイを搭載するものの、ディスプレイ下部にファンクションエリアが設けられ、そのファンクションエリアを除いた部分のディスプレイサイズは5.15インチ(2,436×1,125ピクセル)になるとのことでした。

Steve Troughton-Smith氏がファームウェアから発見した今回の情報と以前のMing-Chi Kuo氏の予測を考慮すると、ディスプレイの有効領域は5.15インチ、解像度も2,436×1,125ピクセルとなり、

その有効領域が主に日常的に用いられるディスプレイ部分で、その下にファンクションエリアという仮想ホームボタンやドックが配置される部分を含めると5.8インチになると予測できます。

実際にはファンクションエリアが本当に存在するのか、何を表示するのか、は明らかになっていませんが、本体サイズが同等なのにディスプレイが5.15インチは少々小さい気もします。

「HomePod」のファームウェアには数多くの「iPhone8」に関するお宝情報が含まれており、公開以来続々と新情報が発見されています。

「iPhone8」に関する新情報では赤外線を使った顔認証技術が搭載されることや、フロントディスプレイの中央上部がカットアウトされたデザインになることなどが明らかになっています。

スポンサーリンク